しみ・そばかすで悩まないために、若いうちからスキンケア!!

 私は、小学生の頃からずっとそばかすに悩んでいます。
小さい頃から外で遊ぶのが好き、そしてテニスを長年やっていたこともあり紫外線の影響で徐々に増えていきました。中学生の頃から日焼け止めを塗るようになりましたが、長時間外にいることが多かったため、あまり効果はなかったと思います。

透輝美の効果と使ったクチコミ!

大学生くらいから、しっかりとスキンケアをするようになりましたが、化粧をする時にはコンシーラーで隠しきれないそばかすにうんざりします。。「そばかすがある人はかわいい」という概念もありますが、悩んでいる私からするとそばかすがない人の方が綺麗だと感じます。

 今思うことは、①もっと小さい頃から日焼け止めをこまめに塗ることを心掛けていればよかった②スキンケアをしっかりしておけばよかった という後悔です。安い化粧水、乳液でもいいので朝晩しっかりと保湿するだけでも将来の肌に大きな影響が出るのかなと思います。

 今では、春夏秋冬毎日欠かさず日焼け止めを塗っています。そして朝晩洗顔をして化粧水・乳液で保湿もしております。なるべく肌は露出せず、上着や帽子を被るなど徹底的に紫外線をかっとしています。これで将来の肌に少しでもいい効果があると嬉しいです!


緊張からくる唾液分泌の減少が口臭の増加に

私は成人を迎えた頃から口臭について悩み続けていました。一度、医者に診てもらったことがあるのですが、私の場合は、生理的口臭だそうです。もともと私はメンタルが弱いので、緊張している時に唾液の量が減ってしまうそうなのです。

ブレスマイルウォッシュのレポートと評価!

唾液の分泌が減ることで、自浄作用が働かなくなり、口臭を発生させる細菌が増殖するとのことでした。そして、生理的口臭のほとんどは、口の中に存在する細菌が剥がれた粘膜や死んでしまった細菌などのタンパク質を分解することで発生するらしいのです。確かに、私はいつも鏡で自分の下を見ると、白いコケのような塊がついているなと不快に思ったこともあるのです。

一時期、歯ブラシでそのコケを落とそうと頑張ったこともありましたが、なかなか落ちず、挙げ句の果てには舌を痛めてしまった、とても痛い思いをしてしまいました。どうやって対策したらいいものか、全くわかりませんでしたが、とりあえず、まめな水分補給を心がけました。

それは、口の中が乾いているとよろしくないと思ったからです。しかし、いくら対策してもあまり効果は上がりませんでした。どうやら、お酒やタバコなども悪影響を与えるそうなので、徐々に減煙と原酒をすすめていこうかなと考え始めています。


ダイエットを成功させるための原理原則

巷で話題の何かを抜き及び禁止ダイエットはあまりお勧めできない。理由は、ダイエットをする上で我慢が最大のストレスになることが多い為です。食べることを我慢するのではなく食べ方を改善させるといいのではないでしょうか。

グラマラスタイルの効果とレポート

筋トレとストレッチを空きの時間にやるようにしましょう。ランニングに関してはやらなくていいです。カロリー消費が十分に行われる前に疲労してしまい非常に効率が悪いので代わりにスクワットと腹筋とかを少ない回数でいいのでちょこちょこやるようにしましょう。ビールや脂っこい食事をさけて体重計に乗る習慣を構築してください。

ダイエットを成功するにはどのようなものを摂取すべきであるか摂取するべきでないのかを勉強して食材を取捨選択して体にいいものしか取らないみたいな心がけをしましょう。ダイエット中に飲んだほうがいい飲み物を紹介させていただきます。アーモンドミルク、緑茶、紅茶、抹茶がいいみたいです。紅茶に含まれるカフェインが脂肪を分解するするリパーゼを活性化させることができるので体内の脂肪が分解されてエネルギーとして利用されるのです。また利尿作用もあるので浮腫み改善に良いのではないかと思います。抹茶に含まれるカテキンは、糖質や脂肪の吸収を抑制する働きがあり不要な糖質や脂肪を吸収せずに済むのでダイエットにはいい効果を発揮するでしょう。


口の臭いで人に嫌われるとか、怖すぎる

「自分の口の臭いを一度も気にしたことがない」なんて人、世の中にいるのでしょうか?ある程度の年齢になると多くの人が「自分自身の口臭」には頭を悩まされるもの。まず第一に、「自分の口臭のあり・なしや程度を認識する」ことがとても難しいですよね。コロナ渦になり日々マスクを装着するようになり、(あれ、もしかして私の息、臭い・・・?)と慄いた方もたくさんいらっしゃるのでは。

キラハクレンズ

一口に口臭と言っても、寝起きの唾液分泌減による一時的なものから、歯周病によるもの、胃腸などの不調つまり病的な理由によるもの・・・様々な種類があります。自分の口臭の主原因はなんなのか、口臭に悩んでいる方は一度きちんと調べてみましょう。

まず私たちが簡単に口臭を予防できる方法はやっぱり歯磨き。歯周病や虫歯が原因の場合、当然ながら歯磨きをしても解消されないため歯医者へ通い、根本原因を除去する必要がありますが、単純に磨き残しが酷くて口臭に繋がっている人、とても多いんです。

「いや、毎日歯磨きしてるし」と思ったそこのあなた。一日何回、何分歯磨きをしていらっしゃいますか?フロスは必ずしていますか?歯科の定期検診は?

そう、ただ歯ブラシに歯磨き粉をつけて歯磨きをしても、多くの場合磨き残しが発生しています。大事なポイントはキチンとフロスをすること。アメリカでは子供のころからフロスをするのが当たり前なんだとか。歯ブラシだけではどうしても歯周ポケットに食べかすが溜まってしまいます。また、毎日の歯磨きのこと、忙しい現代人はついつい短時間で済ましてしまいがちですが、10~15分は時間をかけるのが理想的。また、歯科の定期健診も忘れてはいけません。自分の口の中を自分自身で完璧に覗くことはできません。「面倒くさい」と思わずに、かかりつけの歯科医を作り、定期健診でお口の状態をチェックしてもらいましょう。


シミケアをしているがなかなか消えないです

わたしはシミが目の下とおでこ、頬にあり、そして頬にはプラスでそばかすがたくさんありますので、今後シミケアをきちんと自宅でもしようと思いまして、トレチノインとハイドロキノンを使用経験があります。

http://www.savonmalva.com/

だがしかし、トレチノインはビタミンA誘導体で肌のターンオーバーを無理矢理促進させるものらしく、つよいトレチノインは効果は非常にたかいですし、わたし自身、シミはすこし薄くなる程度には消えましたが、非常に危険なものでもありました。とくに妊活や、妊娠されてる方、お子様がまだ小さい方は使用しないでくださいと皮膚科の先生に言われました。妊活、妊娠されてる場合、お腹の子供が奇形になってしまう可能性が高くなるそうです。

たしかに効果が高いせいなのか、塗った部分は赤くなったりとかも多々ありましたが、肌が赤くなることは日常茶飯事なので、あまり気にはしておりませんでした。そのこともあり、あまり長期間使い続けるのはよくないと思い、使用しなくなって半年以上経っておりますが半年も経てば肌も赤みが引いて大丈夫とは言われているみたいです。トレチノインとハイドロキノンは、危険なものと認知したうえで使用しないといけないと思いました。